« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月30日 (土)

最高処刑責任者

え~~、やはり一ヶ月くらい前に読破(?)した、
ジョゼフ フィンダー 著、
「最高処刑責任者」なのですが、
大手電機メーカー(どうも、日本企業のようで…)に勤務する営業マンの
主人公ジェイソンが、自損の自動車事故にあった際、
修理工場まで車を運んでくれたレッカー車(確か英語では、「トイカー」だったかな??)
の運転手、カート・セコムと名乗る、元陸軍特殊部隊上りの男と意気投合して、
低迷していた自分自身の営業成績を一気に上昇させていく…
っと、言った話。
もっともその途中で、相棒であった特殊部隊上りのカート・セコムが暴走し出して、
ライバル企業のみならず、ジェイソンをライバル視する同じ会社の人間にまで
手を下す(事故に見せかけて殺してしまったんですよ)様になり、
それを咎めたジェイソンに対しても、自分の保身の為に脅迫まがいの行動に出る…
っと言う話の展開なのです。

これを読んだ時、何となく、相当昔に読んだ「人工頭脳の怪」って本を思い出しました(笑)
人間の脳だけを機械に繋ぎ、不死を目指そうとした科学者に、偶然被験者になってしまった、
ドノバン(だったかな???)の脳が、復讐と自己の生存をかけて、科学者やその家族友人まで支配しようとした話なのですがね。
(被験者ドノバンの脳がサイコパワーを持って、言う事を聞かない人間達の頭を操ってしまうのですわ)

話の展開が何となく遅い気もしましたが、結構楽しめたので良しとします。

Dsc01062z

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月23日 (土)

少子化対策

何て事はない、
一夫多妻制を復活せれば良い。


Img_1941zz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月17日 (日)

原発、わざと停めるのはやめてくれよ。

何だか、ワザとらしく発電所の停止問題が取りざたされてるけれど、
政府と混乱させたいのか何だかは知らないが、
わざとそう言った事するのはやめてくれ。
やり方が子供じみている。


Dsc_0013z

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月15日 (金)

やっぱり、選挙は実名記名で投票すべきだ。

題名通り。

投票する人間もいい加減では困る。
一蓮托生の気持ちで投票しなくては…!
入れた政党何かが解散したりなんかしたら、しばらく公民権停止!

あと、有料化だね。
やはり所得が無い人は、選挙出来ないようにしなくては。
年金手帳なんか身分証にプラスすれば、主婦の問題も解決…出来るよね?

しかし、困ったもんだよ…(汗)

Sh3e0060z

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 7日 (木)

管総理と万田内閣

「万田内閣」とは、
村上龍・著の「愛と幻想のファシズム」に登場してきた左翼内閣である。
その首相の万田氏は、意図的に日本を荒廃させる政策を行い、
国を疲弊させ、あまりにも無茶をし過ぎた為に、
危機を感じた、国家全体主義を目論む鈴原冬二が率いる「狩猟社」
によって廃人にされるのだが…

今の管総理はその万田氏に良く似ている。
この人は間違いなく、国の経済の基盤を破壊し、産業の空洞化を狙っている。
脆弱かした国内企業のかわりに、外資系の企業を…???

外国からの献金問題も、依然、解決していないのだしね。
震災後、ソフトバンクの孫氏と会食したのだって、何か変だしね。

Sh3e0030z

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »