« 蘇るスナイパー | トップページ | 管総理と万田内閣 »

2011年6月30日 (木)

銀塩写真の魅力

この前、新宿に出かけていた時の事。
喫茶店に入ってしばらくぼんやりとしていたら、
後から入って来た、大学生と思しき男女一組の、
その男性が肩からテーブルに下ろした箱のような機械は、
なんと、ハッセルブラッド!!!
私が驚いて話しかけるとその彼、
「フィルム(カメラ)が好きなもので…」と照れながら答える。
しかもよく見れば、装填されてるのはT-MAX400!!
シブイ!シブ過ぎるぜ!!
話し出すと止まらないので、少しして店を出たものの、
家に帰って、自分のF5にフジのプロビアを入れてみた次第であります(笑)

フィルムメーカーがいつまで製造してくれるかって問題なんですよね。

※写真はデジタルの作品。原作カラー


Img_1939z

|

« 蘇るスナイパー | トップページ | 管総理と万田内閣 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153488/52087608

この記事へのトラックバック一覧です: 銀塩写真の魅力:

« 蘇るスナイパー | トップページ | 管総理と万田内閣 »