« 2010年12月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年1月22日 (土)

IS03キター!!

もう一週間ほど前の出来事になるのだけれど、

来たんだよね。とうとう。自分の所にも…

ふへへへへへへ…

Is0320110122z

詳しい事はまた後で(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月10日 (月)

映画 キック・アス いやはや面白かったぁ~~~

観ました。
静かな話題作「キック・アス」!!
上映している映画館が少ないから、わざわざ脚を伸ばして川崎まで行って来ました(汗)

話の始まりは、
ちょっとギーク(オタク)な主人公(?)の高校生:デイヴ(アーロン・ジョンソン)が、
正義の味方に憧れて、自前のスーパーヒーロー「キック・アス」に成り切り、街の悪党退治に奔走するも、
調子に乗り過ぎ、エスカレートした揚句に、ホンモノのマフィアに命を狙われてしまう…
って話なのです。
同じ頃、そのマフィアに復讐を誓う、これまたホンモノの正義の味方(??)の、
父娘「ヒット・ガール」(クロエ・グレース・モレッツ)と「ビッグ・ダディ」(ニコラス・ケイジ)
にスカウトされ、仲間になったまでは良いのだけれど、
マフィアとの全面戦争に巻き込まれ…!!
しかし、いや~~、この映画、とても面白かったですわ。ハイ!
強いて難癖付けるなら、
結構多かったんだよね。流血シーンが。
これがあった為に「おバカ映画」には成れなかったんだよね。(R指定あったっけ?)
強引にジャンル分けするとすれば…「キルビル・1」かな??
もう少し、「やわらかく」すれば、もっと多くの映画館で上映出来たかも知れないしね~~。

でも、音楽の使い方も良かったし、ヒット・ガールも可愛かったから、
4.8点って所で(5点満点でね)

Move20110110z

| | コメント (0) | トラックバック (2)

小説 乱気流(タービュランス)の感想

昨年から今年にかけて、この本を読んだ。
Giles Foden(ジャイルズ・フォーデン)英国の筆者が書いた
第二次世界大戦のノルマンディー上陸作戦に必要不可欠である
作戦予定日の天候を予想する気象学者の苦悩を語った書籍である。
とは言ったものの、話の内容で面白かったのは、最後の最後、主人公の
英国気象庁予報官ヘンリー・メドウズが、上陸部隊と共にグライダーに乗り込んで
作戦に参加するその前後の箇所だけ(汗)
話の始まりとなる、気象の予報を飛躍的に向上させると言われている
計算方式を開発した、科学者でもあり良心的兵役拒否者でもある、
ウォレス・ラインマンを隠居生活から何としてでも引き戻し、
その計算方式である、「ラインマン方程式」を利用せよ!と言う主人公に課せられた
任務にまつわる物語はまったく意味を持っていないと思った。
要するに、話が長いんだよね。
もっと重点を置いて進めていけばなかなか良かったと思う。
上下巻の物なのだけれど、ハッキリ言って上巻は不必要(笑)
最後の最後で面白かったのでとりあえず2.5点!5点満点での話…


Dsc00998z

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 1日 (土)

昨日のDynamite!!(ダイナマイト) の感想

いや~~
面白かったですね~~
録画していて後で観たのですけれど、
何と言っても一番「うけた」のは、周知の通り、
第八試合の
長島☆自演乙☆雄一郎vs青木 真也だったです。
青木選手には悪いけれど、まさに自業自得(一昨年を含めての)だったと思う。
ルールを良く調べてみたら、圧倒的に青木選手に有利な設定にもかかわらず、
結果がこんなになってしまったのは、やっぱり相手を見下し過ぎたからでしょうね…
番組解説者等を含めて、スタジアムをここまで敵に回してしまう様では…

で、次に面白かったのは、
第四試合の
所 英男vs渡辺 一久
でした。
これも正直言って、渡辺選手があそこまで戦えるとは思ってもみませんでした。
所選手も相当驚いていたようで…
渡辺選手にとっては「試合に負けて勝負に勝った」って感じでしょうか?
彼の格闘家としての株を上げるような試合でした。

石井選手とバンダ選手の試合は、まぁまぁそこそこ…って感じ。
放送時間の関係で大和選手の試合がダイジェストでしか見れなかったのが残念…

試合を見ていて、自分も頑張らないと…と思わされました。(格闘家ではないけれど…)

Designfesta20100516001z

| | コメント (0) | トラックバック (1)

明けましておめでとうございます!

また新しい一年が始まりました。
しっかり気合い入れて行きます!!!

033z

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年3月 »