« 大型第一種自動車免許取得体験記 その1 8t限定解除編① | トップページ | 大型第一種自動車免許取得体験記 その3 8t限定解除編③ »

2010年4月23日 (金)

大型第一種自動車免許取得体験記 その2 8t限定解除編②

そもそも
「8t限定」ってなんぞや??
っと、思う人もいるであろう。
実は小生もそうであった。
去年の免許証の書き換えの時、係りの人から説明が有ったものの、
今一つ、その意味を理解出来ないでいた。
何でも、平成19年6月2日より、免許制度の一部が変更されたのだと言う。
それまで、「普通」と「大型」の2種類しかなかった、自動車の免許が、その日以降
「普通」「中型」「大型」と、まるでバイクの様に新分類されたのである。
理由は、免許を取る時に乗る教習車と
実際路上で運転する大型車の最大クラスとでは、
車体が実に倍の大きさの違いとなってしまっていて、
そのせいもあって、やはり事故が多いからだそうだ。
(まぁ、同じ意味で、バイクも750ccで免許を取れてしまえば、
1300ccだろうか1800ccだろうが、何でも乗れてしまうって言うのも問題だな。
遅かれ早かれ、バイクの免許も変革を余儀なくされてしまうかもしれないね)

つまり、改正以降、旧「大型教習車」が現「中型教習車」となった訳である。
だから、改正直前には駆け込み受講生が多かったらしい…

                                    つづく。

あ、そうそう、ここで言う「8t」って言うのは、車体重量の話で、世間一般では「4t車」と呼ばれている車の事。お役所硬いから積載量で言わないのね。

Dsc00830
中型車は中型(8t)に限る。サンマは目黒に限る。

|

« 大型第一種自動車免許取得体験記 その1 8t限定解除編① | トップページ | 大型第一種自動車免許取得体験記 その3 8t限定解除編③ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153488/48162926

この記事へのトラックバック一覧です: 大型第一種自動車免許取得体験記 その2 8t限定解除編②:

« 大型第一種自動車免許取得体験記 その1 8t限定解除編① | トップページ | 大型第一種自動車免許取得体験記 その3 8t限定解除編③ »