« メガネが欲しい… | トップページ | 「噂の東京マガジン」 »

2010年3月21日 (日)

ターミネーター サラコナークルロニクルズ その後…

シーズン2から、明らかにつまらなくなった。
アメリカ本国では連載中止とか?

そもそも、主人公をサラコナーに設定したのが間違いで、
ジョンコナーがいつまで経っても成長しない。
これじゃぁ「審判の日」になっても、只の子供ですよ。
ジョンの伯父にあたるデレク(だったっけ?)は、まだ良しとして、
その恋人のジェシーや、ジョンのガールフレンドのライリー(だったっけ??)
何んか登場してくると、もう、人多過ぎ!
話の展開が遅くなっいて、全然面白くない。
ジョンとキャメロンと、せいぜいデレク。それにFBIの男だけでも十分話は進められます。
スカイネットを見つけて壊すなんて話はバカバカしいので、
シーズン2の第五話「永久に別れを」(題名に意味はるのか?)
のように、後の抵抗軍に必要な人材を今の内から出会って、伏線を引いておく
って感じの話の連編で良かったんじゃぁないのかなぁって思ってしまう。
一人分の出会いに、3話くらい使ってね。
それにキャメロンの「可愛い顔して、エゲツなく強い」ってのを加えれば、
(小馬鹿にして近づいてくる大男を、一撃で吹き飛ばして、
仲間の小男達を震え上がらせるってパターン)
なかなか面白い話になれたと思うよ。
まぁ、今となっては手遅れだけれど、ね。

Img_0062

|

« メガネが欲しい… | トップページ | 「噂の東京マガジン」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153488/47864066

この記事へのトラックバック一覧です: ターミネーター サラコナークルロニクルズ その後…:

« メガネが欲しい… | トップページ | 「噂の東京マガジン」 »