« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月27日 (土)

安重根と靖国参拝

韓国政府機関が、安重根(伊藤博文を撃殺した人)の命日を
敬う行事なんかをやってるとは思わなかったよ。
これじゃ、靖国参拝だって問題ないではないか。

Img_00711

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月26日 (金)

交友関係は知らべなさいよ。

中井洽国家公安委員長の「路上でチュー」の話だけではなく、
国家の重要なポストに居る人の(SPが警護しなくてはいけないクラスの人)
交友関係って、きちんと調査するべきだと思うよ。
敵対国のスパイが絡んでいたらどうするの??

Kokeshi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月21日 (日)

「噂の東京マガジン」

本日、昼のテレビで、面白い話をやっていた。
最近の調査の結果、氏子のいない小さな神社のかなりの数が、
実は、市町村等の公共の土地に属している事が分かり、
それが憲法における「政教分離」に反している…という話です。
賛否要論(結構、キーボードで打つのが難しかった)の話だったのだけれど、
ここで一番の問題は、
日本国憲法には、憲法違反を処罰する憲法が存在しない。
って、事。
まぁ、近年の一番良い例として、
選挙の一票の格差の問題が挙げられますね。
あれだって、もう相当昔から違憲状態と裁判所からも言われておきながら、
裁判所も、選挙を無効にするとか、
今後、その方式の選挙を禁止するとかと言った、対処が出来ないのであるから。
今回、仮に小うるさい市民が(いるんだよね、こういう奴)告訴しても、
市町村の方々、そのままにしても大丈夫。結局、誰も手が出せないですから。
確かに評判は少し悪くなるかもしれないけれど、ね。

更に、どこまでが「宗教」なのかって話にもなります。
法律で言う、宗教とは、
信仰なのか活動なのか思想なのか団体なのか偶像なのか…???
そもそも、古来から存在してきた宗教を判断する事は出来たとしても、
新しく旗揚げされた宗教は、一体何の基準で宗教とみなすのか??
信者が何人以上となれば、それを宗教とするのか?もさることながら、
つまりようするに、宗教団体ではなく、
宗教自体(新しい神の存在)の「新設」を憲法は意識しているのか??って話にもなってしまう(汗)
ハッキリ言ってしまえば、「神の定義」が憲法には存在するのか?

話を戻して、
テレビ番組の中では、一部の参加者が、
「公民館として扱えば良い」と話をしていたら、
「え?どう見ても神社なのに、それを公民館だって言い切れるの?」
との反論。
でも、外見で宗教と判断してしまったら、
病院・福祉施設等の公共施設(無論、小中学校含む)で、
例えば、クリスマスツリーなんか飾ったら、
その時点でアウトだよね。ハイ。

門松なんかも危ないアブナイ。
仮に、違憲だから取り壊すと決定したにしてもだよ、
神社を取り壊す事を望む業者がいるのかね?
絶対イヤだよ、バチ当たりそうでさ。
お祓いしてから取り壊すとしたら、市町村の経費で神主呼ぶって事になるでしょ。
それ自体違憲だよね~~
あ、そうそう、公共施設を新たに建設する時って、地鎮祭、あれ、やんないのかな??
ああ、女神さま!

Crw_1414

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ターミネーター サラコナークルロニクルズ その後…

シーズン2から、明らかにつまらなくなった。
アメリカ本国では連載中止とか?

そもそも、主人公をサラコナーに設定したのが間違いで、
ジョンコナーがいつまで経っても成長しない。
これじゃぁ「審判の日」になっても、只の子供ですよ。
ジョンの伯父にあたるデレク(だったっけ?)は、まだ良しとして、
その恋人のジェシーや、ジョンのガールフレンドのライリー(だったっけ??)
何んか登場してくると、もう、人多過ぎ!
話の展開が遅くなっいて、全然面白くない。
ジョンとキャメロンと、せいぜいデレク。それにFBIの男だけでも十分話は進められます。
スカイネットを見つけて壊すなんて話はバカバカしいので、
シーズン2の第五話「永久に別れを」(題名に意味はるのか?)
のように、後の抵抗軍に必要な人材を今の内から出会って、伏線を引いておく
って感じの話の連編で良かったんじゃぁないのかなぁって思ってしまう。
一人分の出会いに、3話くらい使ってね。
それにキャメロンの「可愛い顔して、エゲツなく強い」ってのを加えれば、
(小馬鹿にして近づいてくる大男を、一撃で吹き飛ばして、
仲間の小男達を震え上がらせるってパターン)
なかなか面白い話になれたと思うよ。
まぁ、今となっては手遅れだけれど、ね。

Img_0062

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月17日 (水)

メガネが欲しい…

そろそろ新しいメガネが欲しい。
レンズ、大分痛んで来たしね…
明日辺り、探し回ってみようかなぁ…
最近のって幾らぐらいなんだろう??

Crw_0750

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月16日 (火)

道理で警察が多かった訳だ。

極秘任務で新宿のアジトまで行った。
私の動きを監視しているのか、それとも春の交通安全なのか
(かなりギャップあるね)
新宿には警察官がやたらと目立った。
って、思っていたらなんて事は無い、自由○主党が街頭演説をしてたのだ。
良くここ(新宿駅西口前)では、いろんな団体が演説を行っているけれど、
流石に自○党、警備の警察官の数が桁はずれだった。
日本が生き残るには、政治と軍事はアメリカに接近して、経済は中国の動きに合わせるしかないよね。

Jiminshinnjyuku001

Jiminshinnjyuku002

Jiminshinnjyuku004

Jiminshinnjyuku003

Jiminshinnjyuku005

Jiminshinnjyuku006

Jiminshinnjyuku007

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月14日 (日)

心霊写真

ふと思ったのだけれど、
本物の幽霊を見た事の無い人たちが集まって、
これは本物の心霊写真!??って話知るの、可笑しくない?
いや、今、何となくそう思ったから…(汗)

写真は新宿、少し昔
001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月12日 (金)

沖縄返還と密約

沖縄返還の時の密約の話がニュースになっているが、
もう少し、優しく言ってやれよと思ってしまう。
やれ「密約は悪い」
とか、
「国民には知る権利があるんだ」
とか、聞こえの良い事ばかり云ってるけれど、
では密約なくして沖縄の返還が可能だっただろうかって事の
シュミレーションはやっているのであろうか?文句を言っていう人たちは?
只単に、当時の政権、早い話が自民党を叩いているだけに思えてしまう。

どっちにしたって、日本人は肝心な事を忘れているよ。
沖縄を一度失ったのは、戦争に負けたからだって事実。
話し合いで帰ってくるだけでもみっけもんだよ(汗)

まともな条件で、北方四島、取り戻してきたら、私も頭を下げますよ。

7023

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月10日 (水)

タイムマシンは存在しない。

数週間前のブログに書き込んだけれど、
あ、そうそう、「ターミネーター サラコナー・クロニクルズ」
だったっけな、
あの中に、「タイムマシンは発明されない」って意味の事を書いた。
なんでかって言えば、

① 未来においてタイムマシン開発
② 試験運転後、営業運転
③ 各駅だろうと特急だろうと、各時代に「駅」たるものが出来る。
   これが電車式ではなく自動車式だったら、もっと「駅─時点」たるものが増える。
④ タイムマシンが行き交う訳だから、当然我々の時代にもやって来る。
⑤ つまり、未来にタイムマシンが発明されているというのなら、
   今の時代においてもタイムマシンは存在すると言う事。

   もっと言ってしまえば、歴史の初めからタイムマシンが有るって事。

まぁ、そんな感じですわ。
仮にタイムマシンが存在し、普及してると仮定すれば、
各々の時代に大きな変化が無くなって、現在・過去・未来が無くなりますね。
時間が「混ざる」って言えば良いのかな?
どの時代も、同じような時代になってしまって、それこそ進歩がなくなってしまう気がする。

え?タイムマシンが一部特定の機関の機密で、他の誰もが知らなかったらだって?
あのさ、本当にそれが機密で、他の誰もが知らないっていうのなら、
それはタイムマシンは実在しないってことでしょ?
仮に、今の時代にタイムマシンがあってそれが極秘だったとする。
でも、当然、誰も知らないのだから「無い」んだよ(笑)
有るのが分かっちゃったら、極秘でも何でもないからね。
百歩譲って、極秘でも存在していたとしても、
いつの時代にだって「密航者」はいるもんだよ。

Img_002102_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 9日 (火)

中立地帯?AppleとLeica

Appleのコンピューターって、テレビの番組に良く出てくるんだよね~~
登場人物が使っているパソコンや、何かの事務所っていうかオフィスに
置かれているパソコンに…
これって、スポンサー対策なんだろうか?
番組のスポンサーに直接関わっていなくても、
国内のパソコンメーカーのパソコンを使ってしまうのは
公平さに欠ける…って配慮からApple社のパソコンを利用しているのであろうか??
あるいは、只単にMacの方が、インテリジェンスに見えるからであろうか?(笑)
どっちにしても、結局はAppleの宣伝になってるんだから、
これはこれで問題でしょ??
同じような意味で、最近、何かの番組の中にLeicaが出てきた。
百歩譲って、Leicaを登場させるのはまだ我慢出るが、
二眼のカメラ捕まえて、シャッター音立てるのは何とかしてくれよ。
いくらなんでもこれはないよな~~~(涙)

Img_00011

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 7日 (日)

映画館の話し

久しぶりに新宿の歌舞伎町のシネシティに行ってみたら、
軒並み閉店してましたよね。
改装の為なんだろうか?
それとも本当にお終い??
3D対応型の映画館にするべく一時閉店であって欲しいものだよ。
あ、そうそう、「アバター」があまりにも良い作品だったもんだから、
何かその後、見たい映画がまるで無くなってしまった気分…(汗)
シャーロックホームズなんか期待してるけれど…
あ、真似して邦画で「ザ・明智小五郎」なんてやらないでね、頼むから!

写真は大分過去のシネシティ

Img_0022

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 1日 (月)

最近のホンダ…

さて、バイクの話である。
輸出用のVFR1200と言い、発売されたばかりのCB1100と言い、
どうして最近のホンダは、どれもこれもつまらないものばかり作るのであろうか??
CB1300だって、今回のラインナップは、只単に、
「値上げした」ってだけの内容だし、
中型クラスもロクなのがない!!
技術的には、ホンダはハッキリ言って無敵である。
メンテナンス性や塗装や各部の細かな作り、その他全部が全部、
国内3メーカーの「それ」を凌駕している。
これが実用的なビジネスクラスのバイクであるなら、
あるいは、バイク自体が趣味の世界ではなく、脚代わりの道具の存在なら
理解出来るのだけれど、
バイクってやっぱり趣味嗜好性の高い乗り物でしょ??
何故もっと面白いモノを作ろうとしないのだろう?
今回のVFRのミッションの性能なんてどうでもいいんだよ。
もっと乗る人をワクワクさせるバイクを作って欲しいもんだな。

037

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »