« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月31日 (木)

では!また来年!!

今年も、色々とありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

                           魔弾

Img_0323

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月30日 (水)

御苦労さまでした!

先日(12月28日 月曜日)ボクシングの聖地、後楽園ホールにおいて、
小生と同じジムに所属する、プロボクサー、
五百久(いおく)選手が無事「定年」を迎えました。
(日本ボクシングコミッションの規定で、ボクサーは37歳を持って引退しなくてはならない。
※一部特例もある)
最期のリングはエキシビジョン的2ラウンドのスパーリングで行われ、
これを持って最期のリングとなりました。(黒のヘッドギアが五百久選手)
本当に御苦労さまでした。奥様は「これでホッとした」と話したそうで…(笑)

Kourakuen20091228025_2

Kourakuen20091228291_3

Kourakuen20091228328_3

 

Kourakuen20091228335_2

Kourakuen20091228049_2

Kourakuen20091228472_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月24日 (木)

バンジージャンプと3Dアバター

え~~
事もあろうに、本日、またまた、よみうりランドでバンジージャンプを行ってきました(笑)
自分なりに予想した通り、1回目よりも2回目の方が、恐怖心バシバシでありました。
初めての時は好奇心旺盛だし、テンパってるから問題はなし。
2回目は、「その高さ」を知っちゃってるもんだから、上る前から想像しちゃうんですよね。
その事をタワーてっぺんの係員に話したら、
確かにそうですね~~
現実的になりますからね~~
って答えてくれました。(結構事務的)
んで、話を若干前に戻して、
上る道中の階段にて、すでに動機が高くなって、息まで切れました(マジで)
さらに、地上の大型マット(クッション)が、手前(自分の脚元よりさらに内側)
に置かれてるように見えて、
このまま落ちたら、自分はその向こう側に落っこちてしまうのではないのか??
って感じでしまったほどでした。ハイ。
しかし、それは飛ぶ直前までの事で、実際に飛んでしまえばやはり2回目はラク!
バウンドしている間に、そのてっぺんの係りの人に話しをしたぐらいなので(笑)
年末年始もやってるって言うので、3回目も挑戦したいと思ってます。

前回は、自分の前に一人落ちてましたが、今回はその逆。
自分が終わった後、男性1名、2000円追加で可能なオプションである
DVD撮影用の装備で待機していて、見事に落っこちました。
良い絵(画像の事)が撮れたでしょうか?
次回は自分もやってみようかなぁ??

で、そのあと、時間をおいて映画館まで。
「アバター」を観ました。しかも、今回初めて3Dたるものを体験しました。
いや~~~、飛び出す絵本のようでしたね(笑)
でも、バンジーやったあとに、3Dで「アバター」みると、特に飛龍を調教するシーン
なんかは、まさにバンジーの体験そのものって気分になれます。
最近高いところが好きになりつつある自分…
「何とかと煙は高いところが好き」ってことわざがあるけれど、絶対自分は違うって!

Dsc00671

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月19日 (土)

バンジージャンプ!初挑戦!!

本日は、千葉県習志野市にある、陸上自衛隊第一空挺団に行き、
パラシュートの降下訓練を受けに行きました!!!
これも余の為お国の為…

って言うのは冗談で、
先日、上司の粋な計らいで、金曜日に有休を取るここが出来、
一日分の余裕が出来た事も相まって、前々から思っていた
特殊降下訓練─バンジージャンプを行いに、東京都と神奈川県に跨って存在する
よみうりランドに脚を向けたのであります。
(なんでも、関東一円で「これ」が出来るのは、ここと、千葉のマザー牧場だけだって話ですわ 注:常設の施設ので話)

Bungeejump



























写真では高さがお分かりにならないと思いますが、分かって欲しいものです(ムリか!)
写真中央、階段の最上階に見える赤い物体は、係りの女の子!
時期が時期なので、みんなサンタの格好をしていた。
しかし、寒いのと、この高さでこの子達は大した仕事してますよホント!


まずは、一筆、書かされます。
「死んでも責任は追及しません」
ってな感じです。(ホントにホント!)
次に、
「脱糞・失禁の後かたずけは自己責任で行います」
って感じの事。
空中「散布」は航空法でも重大な違法行為だってらしいから…
以前、下で観ていた人に当たった事があったらしい。
(これもホントにホント!スーパーホントにホント!!)
で、最後に、
「怖くてやめても金は返ってきません」
って事。
まぁ、こりゃぁ当然ですわね。ちなみに一回のジャンプで900円。
高いと思われるかもしれないが、実はこの900円に大きな意味がある!
これが仮に300円位だったとしよう。
自分なら止めてました(マジで!!)
写真でお分かりの、塔の端っこまで来て下を見下ろした時、
マジでそう思った!
知り合いか、そうでなくても、他に誰かが見上げていれば恰好悪いから
もう行くしかないのだけれど、自分の場合は天涯孤独!このまま引き下がっても
誰にもバレないのだから…と冗談抜きにそう思った(汗)(あ、係りの女の子三人は
みんな全部可愛かったから、やっぱ行くしかなかったか?)

一筆書いたら体重測定。
何かこの前、会社でやったばかりの健康診断みたい(笑)
バラストの重さに種類があって、(写真やや右上の黄色い物体)
(ちなみにバラストって言うのは、ビビってなかなか落ちない客を強引に落とすための錘の事)
それを合わせるために計測しますです。
体重計に色と数字が書き込まれてて、ちなみに自分は赤の3…だったかな?
その色と数字が記載された小さなカードを渡されて
「これを上の人に渡してください」って言われた。
上に上がった時、そのカードを落とすまいと、なんか異様に指に力が入ってしまったよ(怖!)
で、ポケットの中身は全部没収されます。
何処かのリサイクルショップで買ってきたか、ゴミ捨て場から拾って来たと言っても
誰も疑わない位の古びたコインロッカーに私物を放り込みます。
で、半ば予想していたのだけれど、
メガネの外されます(涙)
まぁ、見えない訳ではないのだけれど、以前ハワイでパラグライダーやった時も、メガネは
NGでした。ちなみにコンタクトレンズはOK!

で、ホントに上にまで上がります。
階段使って上がります。
年始に東京タワーの階段を登ってみましたが、あれと同じ要領です。
右の脚と左の脚を交互に前に出せばいいのです。
(同時に出すのはかなりキツイので止めましょう)

上がりました、頂上です。少し揺れます。世界が見渡せます。
「地平線に富士山が見えるかもしれません。冬にしか見えないんです」
と、下の係りの女の子は言ってくれたが、メガネを外した自分の視力が悪いのか、
それとも本当に雲の隠れて見えなかったのかは結局分からずじまいでしたが、
360°のパノラマはなかなか良い光景でしたわ。

後は飛ぶだけ。
女の子の明瞭簡単な説明の後、思い起こす事すら考えるヒ~マもなく、飛びます。落ちます。

で、感想は…?

も~サイコウ!!
病みつきになるかもしれません。ハイ。

「もう一度やりますか?」
っと、係りの声。
「いえ、今日はこの辺で…」
と、答える自分。
と、言いながらも、今年中にもう一回…などと思案している最中ですわ。(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月16日 (水)

新春マラソン

来年の1月10日の多摩川で行われる新春マラソン(30km)に
出ます。
(雨でなければね)
レースに出るのは2年以上久しいです。

もう1ヶ月切ってしまいましたが…
体重、あと3kgは落としておかないと…(汗)

0018

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月10日 (木)

The 採血!

健康診断がありました。
その時のワン…もとい、スリーショットです。
Saiketu001_2
















Saiketu002_2


















Saiketu003


















以上!

動画はこちらまで!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 7日 (月)

戦後最高値??センゴサイタカネ?

円が急騰していた先週末、
どっかのテレビで、専門家だかなんかが訳の分からん事を言っていた。
「円は戦後最高値を更新しました」
ってね。
あのさ、戦争と円のレートってどこでどう関係があるんだよ?
「変動為替移行最高値」
って言ってんなら分かるけれど、戦後は円って、ドルに対して固定レートで
始まったんじゃぁなかったっけ?
天気予報なんかで、ようやく
「戦後最高気温を記録…」
って訳の分らん言葉が消え失せたっていうのに
(先の世界大戦で特殊な兵器でも使用されて、
地球の気象が変わってしまったって言うのなら分かるが)
ここ、為替の世界では相変わらず残存してるんだなぁ…って思いましたとさ!!

004

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »